ワイヤーソー工法

ワイヤーソー工法は、切断する物体に巻きつけたダイヤモンドワイヤーを高速回転させながら引っ張る。糸でヨウカンを切るようにコンクリートを切ります。


用途

  1. 鉄筋コンクリート構造物の切断
  2. ダムなど大型コンクリート構造物の切断
  3. 水中構造物の切断
  4. 病院、ホテルなどの騒音、粉じん、振動の規制の厳しい場所での切断
     

 特長

  1. 大型鉄筋コンクリート構造物の切断が可能です。
  2. 無振動低騒音、粉じんも少なく、公害の心配がありません。
  3. 遠隔操作で水中構造物、狭い場所、高所での切断が可能です。
  4. 縦、横、斜めなど自在な切断が可能です。